読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然ラボ

くだらないことがおもしろい 好きなんだからしかたない

2017年も宜しくお願いします

こんにちは、幸田アダです。

とうとう2017年がやって参りました。

私にとって今年は初めて参加した多方面のコンペの結果が続々と発表される年であります。去年の暮れからコソコソとやってきたことの結果が出てくるのは非常にドキドキしますね。アートに建築、さらに命名コンテストまで、様々なものに応募してきました。

一番気になるのはアクリルガッシュビエンナーレというアートコンペなんですが、これは結果が出ているのか出ていないのかがよくわからないという意味でも気になるコンペなのですが、それ以上に、一次審査を通過するとこれまでの作品集の提出を求められるところが気になって仕方ありません。というのも私が創作を開始したのは去年の暮れで、いわゆるアート処女作ともいうべき作品を出品したので、作品集の作りようがありません。詩とか建築の作品をまとめたりするんでしょうかね。いずれにせよ一次を通過してから本格的にてんやわんやしたいですね。本当、一次通過したい。

また、1月には第一詩集を発表する予定でもあります。

前の記事とかTwitterでつぶやいているものを挿絵付きで製本してちゃんとまとめたものです。

タイトルは未定ですが、私が書いた77篇の詩をデザイン専攻のお友達に編集してもらっている段階です。わかりやすく言えば、私がiPhoneのメモで書きためただけの文章を本に印刷されているような余白の多いかっこいい感じにレイアウトしてもらっています。本当、余白ってすごいです。詐欺みたいにそれっぽくなります。そういえば、つい最近も当たり前ポエムみたいなのも流行りましたよね。あれみたいな感じで黒歴史感がだいぶんと拭われます。掃き溜めの泥がなんだか綺麗な泥になります。

余白たっぷりの詩77篇と今までに書きためたお絵かきの挿絵を収録するとなると100P越えの分量になり、それをハードカバーで仕上げようとすると超豪華な感じになります。大人の本気の遊びのすごさを見せてやりましょう。

このプロでもなんでもないのにやたら本気で詩集などを作ったりすること、これぞ私の真骨頂と勝手に思っています。

よくわからない人(=幸田アダ)が楽しそうに無駄っぽいこと(=詩集作り)をしているのを面白がってもらうことがこのブログやtwitter、そして幸田アダそれ自体の狙いであるので是非とも1/1、現在進行形の黒歴史を面白がっていただければなと思っています。そうしているうちに、当たり前ポエムではないガチポエムを披露してくださる人が現れたりしたら楽しいなとも思っています。その野望のためにも、増えろ読者!

詩集が出来上がってからちゃんと告知しようと思っていますが、見てみたい方や欲しい方には、制作費のかからない形、例えばペーパーバックの冊子でお渡ししたいと思うのでぜひコメント欄よりその旨お伝えください。

というわけで、そんなこんなで始まる一年はさしずめ「始まりの一年」とでも言えるのではないでしょうか。

新年の抱負なんて大層なことは言えないですが、今年もコツコツと創作を続けて、皆さんにライブな泥を垂れ流してゆきたいと思っております。

現状両手で数えるほどしかいないであろう読者の皆様、今までに増してブログで色々と発表していきますので、2017年もよろしくお願いいたします。