読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然ラボ

くだらないことがおもしろい 好きなんだからしかたない

「タイトル(だけ)時代」

こんばんは、幸田アダです。

タイトルを大切にするあまり、中身ほったらかしで満足しがちな幸田アダです。

今日も今日とて雑記を書きます。

テーマはずばり、タイトル。

読者の方は知っているかもしれませんが、この世はまさにタイトル時代です。

後に詳しく書きますが、もはやタイトルしか読んでもらえない時代です。

続きを読む

ギターが弾けたら詩とか書いてなかった

こんばんは、幸田アダです。

ギター弾けないのにアコギとエレキの二本を部屋に飾ってる幸田アダです。

趣味で詩を書いているという話をしましたが、そもそもギターとか弾けたら詩とか書いてなかったなーと思います。

ギター弾いてる人に限らず、楽器弾いてる人って絶対気持ちいいですよね。

アコギ抱えて河原で歌ってる星野源を見てると本当にそう思います。

星野源はシンガーソングライターだけど、彼の曲をそっくりに弾いてみせる僕の友達だって気持ちいいはず、

きっとその気持ちよさって僕が詩を書くことで得ているものにすごく近くて、自分の中で澱みそうになってる感情やイメージを知覚される形にして吐き出すこと、そしてそれが時に他者に触れることの喜びがそこにはあるはずです。

まして音楽なんてものは、それのことを深く考え倒した結果出てくる極上のアウトプット、作品なわけで、何かしらの感情やらイメージが高い解像度で表現されているわけです。しかも元々形も意味もないような胸の中の不定形なんだから、形のない音でそれを自在に表現できたら言葉よりもうまくいきそう。

辛い気分で胸がいっぱいの時、ギターを弾ける人はきっとその気持ちを代弁してくれそうな音楽を弾けば、うまく吐き出せるんじゃないかなって思います。去年10月あたりの僕に、非国民的ヒーローを上手に演奏できていたらどんなに良かったことか。

そんな風に吐き出せる、感情のはけ口、発散の方法を持っていれば、黒歴史みたいな詩なんて書いてなかったんじゃないかな。不完全燃焼の暗い詩でスマホのメモ帳をいっぱいにすること経験なんてしなかったんじゃないかなって思いました。

でもよくよく考えたらどんな音楽も自分の気持ちそのままな訳はなくて、むしろ作った人のそれすら完璧には再現できているはずもなくて。それは詩を書く自分もよく知っている当たり前のこと。

どんなに鈍感な人がいても、その完璧じゃなさに気づかないままでいれるほどには鈍感にはなれないから、きっとギターをひける人だってそうに違いない。この曲は自分のことを歌っている!なんて確信はまるで確かではありえないまま消えていく。次、そのまた次でずっとごまかし通せるはずもない。

演奏後、束の間だけ忘れることができても、僕と同じように、自分の中のいろいろを吐き出したい、あの乾きが僕のと同じだけやってくる。

 

 最後は、例の気持ちよさそうなギター男、星野源で「フィルム」。

詩を人に見せる

 こんばんは、幸田アダです。

身の回りの人にはペンネームを隠し気味な幸田アダです。

今回は「書くこと」についての雑記。

詩、ブログ、ツイッター、時々レポート。

そもそも僕が文章を書くときというのはかなり決定的に心にビビッとくるものの形を捉えて、それを伝えたり、人に見せる形にしたいと思った時が多いです。

例えばブログなら、読者に是非とも知ってもらいたい何かの紹介であったり、好きなものの魅力が伝わるように記事を書いたりします。

詩であればポエッティーな気分で散歩して、はっとした瞬間に足を止めてスマホのメモ帳を開き、その「はっ」の部分をできるだけ新鮮なまま言葉にします。詩をしっかり作る期間であればだいたい1日に5篇くらい。何もなかった日には詩はできません。

つまり劇的な何かがない限りそもそも書くことさえしないまま。書くことへのハードルが高いです。

しかしながら、僕は書くこと、見られることがどうやら好きなようなので、もっと気軽に書きたい、見せたい。見られることは意識したままで、特別とは違う「書くこと」がしたい。

書くことありきで書くのではなくて、書いているうちに劇的なものが、輝くものが見えてくる。そういった文章を書きたい。

続きを読む

1月のヘビロテ 続き (八十八ヶ所巡礼、トリプルファイヤー、にかもきゅ)

こんばんは、幸田アダです。

ツイッターでアイドルにコメント送るときは実名ではなく幸田アダのアカウントを使う幸田アダです。

この前の記事ではなんとなく書き始めた2016年の音楽振り返りが長くなりすぎて本題が全然書けなかったので、今回は存分に僕的ホットチューンを紹介していきます。

 

まずはじめは八十八ヶ所巡礼。

ゆらゆら帝国を彷彿とさせる怪しげな三人組ですが、曲がすごい。 

死ぬほど音の手数の多い、プログレッシブロックというやつです。

なんだかよくわからないけどいいなあ、そんな感動でずっと聞いています。

歌っている内容はロック禅問答みたいなクールなもので、それもいいんですが、やはりめまぐるしく動くメロディそれ自体に惹かれます。

気づけば脳内でやたらめったらな演奏を爆音再生してうろ覚えの歌詞を口ずさんでいます。

八十八ヶ所巡礼を初めて聴いた曲。

おどろおどろしいイントロから始まる曲は最後までしっかりおどろおどろしいです。

僕を河川敷を歩きながら「吐き気がたりぃなあーい」と歌う不審者にしたのはこの曲です。

 あと完全に偏見ですが、ドラムは上半身は裸が基本。そして半裸のやつは上手い。

 

 お次に紹介するのはトリプルファイヤーで「スキルアップ

このグループこそ意味不明で、何がいいかと言われてもうまく説明できません。

それでも紹介したくなる魅力、伝われ!

メロディはやけにノリが良い。歌詞についてはきっと深く考えてはいけない。

初めて聴いてから三ヶ月くらい経ってから突然、頭の中なり始める恐ろしい曲。

 この「カモン」「次やったら殴るも」絶妙。

ドラムは半裸ではないが上手い。

いったいどこ切り取ってんだよって感じの歌詞もよくよく聞くと味わい深くなってくるというか、奇妙な生っぽさがあります。

ほんとつかみどころのないバンド、それがトリプルファイヤー。

それは公式HPを見たところで同じで、プロフィールによると

 

2006年結成、2010年に現在の編成となる。2012年5月「エキサイティングフラッシュ」2014年2月「スキルアップ」2015年9月「エピタフ」を発表する。

高田馬場JOY DIVISION」「だらしない54-71」などと呼ぶ人もいる。

ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。メンバーはみな性格が良く、友達が多い。

profile - トリプルファイヤーweb

 下線部のあたりからしてもう手に負えない。

とにかくみんないい人。そんな人たちに「次やったら殴る」とか言わせてはいけないと思うよ。

 トリプルファイヤーの作詞担当はこの吉田さんです。

妙に生っぽい不思議な解像度の言葉を操る人ですが、大喜利の舞台で見るとその異才さが際立ちます。

この人の切り取り方は多分天才。何気ない一場面を逃さずその一部から人の感情の奥の方をにじませる。何がすごいって多分天才なのに気取ってもいないし、流行もしないままでいて、腐っていないこと。

 

 最後は僕の一押し、Yunomi feat.nicamoq、と言うより、にかもきゅちゃん。

色白で儚げな黒髪少女ってだけで、というかこの字面だけで魅力的なにかもきゅちゃんです。もちろん曲ありきで好きになったけれど、この自撮り上手な女の子は色々やばくて魅力的。総合的なよさみが深いのです。

twitter.com

かつては自撮り美少女として世間を賑わせていたらしいにかもきゅちゃんですが今では死神として一部で騒がれています。というのも人の死相が見えるとか、触るだけで体の異常をヒーリングできちゃうとかスピリチュアルな一面を持っているからで、そのルックスも相まってファンにとって唯一無二のアイドルになっています。

人は治せても自分は治せないというクレイジーダイヤモンドとおなじ仕様で、能力としてはいい感じにインフレしていなくて好感が持てます。にかちゃんのラッシュが見てみたい。

僕としては最大の魅力は声と口調で、そのヒーリング効果はかなりのものです。

疲れた時は、それ目当てにLINEliveを見ています。黙々と。

多分「ありがとー」の言い方が一番可愛いアイドルだと思います。

 今はCY8ERに改名した、BPM15Qの一曲。

Yunomiさんの曲を聴き始めるきっかけになった曲です。

めちゃポップでキャッチー。アイドルのは聞けないとか言ってる人でもばっちり聞けるかっこよさじゃないですか?

グループのことを少し詳しく言うと、苺りなはむとにかもきゅのユニットで15QだったBPM15Qに新メンバーふたりを加え倍にするので159×2=318 ⇨ CY8ER というよくできたストーリーを持ったグループだったのですが色々あった結果、にかもきゅちゃんは脱退、新メンバーも一人だけで結局二人のままCY8ERになりました。

予定通りの形でなくて残念ではありますが、今後の活動が楽しみです。

全然触れてないけど、これらの楽曲を手がけているYunomiさんの曲もすごくいいです。

 学校の行き帰りの電車の中とかで聞くと、良いです。ピコピコ癒される。

 

というわけで、今回は超個人的な趣味を紹介しました。

八十八ヶ所巡礼とか身の回りでの知名度と再生回数が全然一致しないのでコアなファンが聞きまくっているに違いない。

トリプルファイヤーは誰も知らない。

にかもきゅちゃんはかわいい。

流行とかからはかけ離れた色々でしたが、何か読者皆さんの琴線に触れるものがあったら嬉しいですね。

それではさようなら。

 

 

ある超歌手、大森靖子 後編

こんばんは、幸田アダです。

目覚ましの曲は「愛してる.com」、大森さんの「愛してるよ」の囁きで目をさます幸田アダです。

今回はちゃんと前編、後編の二本立ての記事を完結させることができそうです。

前回は大森靖子とはなんぞやというところから始め、大森さんの凄さをライブ、歌詞に絞って書きましたが今回はその続きです。

 

turedure-lab.hatenablog.com

 

早速ガンガン行きますよ。

・曲がすごい

 世界で一番きもち良い、「スーハーハー」が聞けるこの曲。

「シーハーハー」じゃないからな、怒らないでねジャニオタさんよ。

大森さんのプレイリストを聴くときはいつもこの曲からって曲で、エキセントリックなのに、なんだか魂が静まります。

曲の構成がうんたらとかそういう話はできませんが、すごくないですかこの曲。

♡の部分が曲の全部に漂ってる。「足んない、足んない」って叫んでるのに幸福感と安心感が溢れてる。

喜びの原型。それを音楽にしている感覚。

続きを読む