読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然ラボ

くだらないことがおもしろい 好きなんだからしかたない

星野源は良い(前編)

タイトル通り今回のテーマは星野源

動画の曲、「SUN」で2015年の音楽シーンをかっさらったこのミュージシャン。

すごくいい。

 

 

いまさらかもね

今や街に行けばどこに行っても流れているミュージシャンになった彼のことをいまさら書くのか、誰だって「SUN」くらい聴いたことあるぞ、などと思うひと多数な気もしますが、書きたい。昔から音楽好きから実力派として有名だったのも知っているし、そもそもミュージシャンとして以前に俳優としても認知度が高かったことも承知していますが、星野源の魅力はヤバいんだ。

「SUNてっ曲、素敵」なんかで済ましてるとほんともったいない。

これまでの星野源の音楽、文学(?)、演技、そんな色々を知ってから改めて「星野源、素敵やん」ってなろうぜというのが今回のテーマ。主に音楽のはなしだけどね。

 「エピソード」を聴いてほしい

エピソード

筆者はこのアルバムで星野源を知りました。今回もここから星野源の音楽をたどっていきたいと思います。彼にはSAKEROCKという歌っちゃうインストバンドのバックボーンがあるのですが、長くなりすぎるのでまた次回。

YELLOW DANCERの曲を聴いている方はあまりのアコースティック感に驚くかもしれませんが、これも星野源。ゆったりとしたアコギでフォーキーに弾き語るのが本当に良い。この優しく、なんとも頼りなげなような歌声にはきっとαやらβ波が含まれていて脳みそに直接効くのだと思う。そんな歌声を堪能できるのがこのアルバムだと思ってます。詳しいことは聴くのが早い。前作にあたる1st「ばかのうた」は割愛。

筆者のオススメは「日常」「湯気」「くだらないの中に」

 

まさにそのままですが、この何気なく続いてゆく日常を歌うところも憎い。

星野源を聴いていると日々のあれこれもなんだか愛おしくなってしまう、暮らし大好き病になります、多分。

とはいえ、当人の方は生活嫌いだったらしく、この何年か後に働きすぎてぶっ倒れてしまっています。何もない生活に対して病的なまでに陰鬱とする中で意味あるものとして解釈し直したからこそ、このアルバムで歌われる日常たちには特別な輝きがあるのだとか考えてしまいます。

 

よみがえった星野源

このぶっ倒れた後のアルバムが「Stranger」で、「YELLOW DANCER」の前作。

Stranger

 

言うまでもなくこのアルバムも素晴らしい。

べた褒めの連続で申し訳ないですが良いものは良い。この先もずっとこの調子です。

くも膜下出血で倒れた人が復帰1発目で「化物」みたいなのを楽しげに歌うのは本当頭おかしいユーモアだと思う。

誰かこの声を聞いてよ
今も高鳴る体中で響く
思い描くものが明日を連れてきて
奈落の底から
化けた僕をせり上げてく
知らぬ僕をせり上げてく

        星野源「化物」より

星野 源 - 化物 【MUSIC VIDEO & Album Trailer】 - YouTube

「 化物」の話をしつつも、このアルバムからは「夢の外へ」を紹介。

夢の中へ」ではないですよ、それは井上陽水ですよ。

 

 蒼井優出演のアネッサのCM曲でもあったので知っている方も多いとおもいます。

全体を通して軽快な調子でMVのダンサーとまではいかなくともなんだか体を揺らしたくなりますね。

このリズム感覚も星野源の大きな魅力で、アコギの弾き語りでも、SUNのような歌でも思わず体でノッてしまいたくなる小気味良いリズムが彼の音楽の中では響いています。もうSUNとかになってくると本当にすごくて、電車の中でも肩が動きそうになるからもう危険。確か亀田誠治とかがマイケルジャクソンを引き合いに出して「SUN」のグルーヴ感について話していたはず。つまり、彼の音楽にはブラックミュージックに通ずる熱いグルーヴが宿っていると言っても良いのではないでしょうか。褒めちぎりだな。

 

そしてYELLOW DANCERへ

YELLOW DANCER (通常盤)

 話は言わずと知れたこのアルバム。音楽好きの人で知らない人はいないであろうこの「YELLOW DANCER」に至ります。

このアルバムはすごい。どんくらいすごいかといえばすっごいすごい。語彙力がなくなるくらいに。CDショップ大賞とかいろんな賞もとってた。とりあえずすごい。

聴けばわかると思いますが、今まで言ってきた歌声の素敵さやグルーヴ感が余すことなく発揮された作品で、現時点で最高傑作ではないかと。

収録曲もBEST盤に見紛うほどのもので、ユーキャンのCMで流れる爽快なアッパーチューン「時よ」に始まり、おなじみ「SUN」、映画「地獄でなぜ悪い」主題歌「地獄でなぜ悪い」、両A面シングル「桜の森」「Crazy Crazy」というふうに有名曲だけでも錚々たるリストなのにアルバム曲もそれらに劣らぬほどの完成度です。「Snow Men」とかオシャレすぎて。MVで「どうも、星野源です」でお馴染みのメイキング紹介のゆるーいパートが入らない100%オサレ星野源なんてもはや星野源じゃない。と思ってたら「時よ」MVで踊る女の子の太ももを褒めまくる星野源

 

まとめ

と、こんな風に星野源の魅力を語ってきましたがいかがだったでしょうか。

なんだかんだで星野源入門みたいな記事になってしまいました。ここに載っている動画を見るだけで大方の彼の魅力がわかるんじゃないか、と思っているかもしれませんが、

まだまだこんなもんじゃないんだ、星野源は。

執筆活動に俳優業、インストバンドSAKEROCKと愉快な仲間...

そんな魅力的ないろいろが星野源を取り囲んでいるんだぜ。知らなきゃそんだぜ。

とはいえ、そんなのについては次回に書こうと思うので今回はそろそろ締め。

いい太もももとい、「YELLOW DANCER」より「時よ」で締めたいと思います。